新年 明けましておめでとうございます

2016-01-05-13-28-20

いきなり私の白髪頭で失礼いたしました(笑)

しかしつまり、毛染めの誘惑に負けることなく、
無事?このままの髪で新年を迎えることができました。

今年も淡々と記録を残していきたいと思いますので、
ご興味のある方は、引き続きよろしくお願いいたします。

さて早速ですが、 昨年、商品の到着を心待ちにしていた、
ニットカチューシャのご報告をさせていただきたいと思います♪♪

こちらがその商品。注文したグレーです。
image

そして付けるとこんな感じに↓↓↓

2016-01-05-13-29-39

広めのバンドで、前髪の気になる部分がバッチリと隠れました!

そしてサイドから後ろにかけては、
バンドではなくヒモによる調節なので、
不自然な膨れ上がりや、締め付けがなく、
頭から首にかけての着用感がとても良いです!

2016-01-05-13-30-35


ただ、ヒモの長さを調整する時に、
髪の毛がウッドビーズに巻き込まれ、痛かったので、
あらかじめ髪を左右に避けてから、
ゆっくりとヒモを引くよう注意しようと思いました。

頭頂部のバンド部分は透かし編みで、
ふんわりと乗っているので、蒸れたり、
押し潰れる感じなく、快適です。

しかし私が付けると、思ったよりバンドの幅は広くなかったです。
多分、モデルさんの頭が小さいので、とても幅広に見えたのですね 笑。 

そんなわけで、つむじの方まではカバーできませんでしたので、
一つ、バンドのつけ方に工夫をしてみました。

1)前髪を少々残し、頭の前の部分の髪を一掴みします。
2016-01-05-13-32-36

2)そこにヘアピンを横から一本、刺します。

2016-01-05-13-33-34

ここでは分かりやすいように金色のピンを使っていますが、
黒の普通のヘアピンが良いと思います。

3)反対側からも、もう一本、刺します。

2016-01-05-13-34-37

両脇からピンを刺すことで、髪が横に流れず、
後ろへ向かって、つむじを覆うように流れます。

2016-01-05-13-35-29

きっちりと髪をピンで押さえつける必要はなく、
手を離した時、浮いてしまう感じでも構いません。

この上からバンドをするので、浮き感もピンも隠れてしまいます。

コツは、なるべく前髪に近いところにピンを刺し、
バンドをした時、隠れやすくすることです。

2016-01-05-13-36-29

4)バンドをはめたら、前髪の根元の白髪が
上手く隠れる位置に調整します。

2016-01-05-13-37-24

5)だいぶ隠れていますね。

2016-01-05-13-38-27

あとは、合わせ鏡など確認しながら、整えます。

2016-01-05-13-31-24

いかがでしょうか?

ニットカチューシャ、なかなか使えそうです(^^)v